Monthly Archives: 10月 2011

You are browsing the site archives by month.

ガイド業務「八ヶ岳・赤岳」(2)

ガイド業務・赤岳2日目
期待していたお天気ですが・・・頂稜部はガスの中。
残念・・・。

風がやや強いですが、雨は降っていないので山頂へ行き写真撮影。

その後、小屋へ戻り県界尾根を下り始めました。
上部の鎖場は傾斜がきついので、慎重に下りたいところ。

最後に傾斜のある梯子を下り、鉄製の足場をトラバースすれば危険地帯は終了。

あとは傾斜の緩い、歩き易い尾根道を小天狗まで向かいます。
とりあえず大天狗の辺りから天候が回復し、日差しが出てくれば・・・晩秋の山ながら暑いの何の。
後は小天狗から県界尾根を離れ、大門沢へ下り登山口へ。

昨日登った真教寺尾根が左手に見えるよ。
そんな訳で12時には駐車場へ戻り、温泉に入って佐久まで移動。
お昼は「文蔵」でラーメンを食べて、解散となりました。

みなさん、大変お疲れ様でした。
次回は「冬」にお会いしましょう!

ガイド業務「八ヶ岳・赤岳」(1)

ガイド業務・赤岳1日目
雨の予報の中、それほど大降りにはならないと考えて決行。
今回もプライベートガイドです。
清里の駅に集合後、車で美し森へ移動し登山開始。
羽衣の池~牛首山の間は結構な降りで「こりゃ判断を間違えたかな?」とも思いましたが、下部鎖場の辺りで雨は止みました。
ラッキー。

そして上部鎖場を越えて、竜頭峰直下まで登ってくれば・・・。

何と!
雲海の上に出た。

富士山も見えたんだよ。
こう考えると、天候的な判断は間違っていなかったのかな。
そんな訳で真教寺尾根を登り、無事に赤岳~頂上山荘に到着。
6時間半の行程でした。

因みに小屋はキャンセルが相次ぎ、ほぼ貸切状態(笑)

明日の天気はどうかな・・・。
ちょっと期待してるんだけどね。

あちこち行ってました

お久し振りです
すいません・・・サボってました。
9月に入ってから、あちこち行ってましたので簡単にレポート。

まずは奥穂~西穂から。
今年も行ってきました。
初日は白出沢を登り穂高岳山荘まで。
冷たい雨がずっと降り続き、結構大変な1日でした。

山荘を前にして、クライアントの足が攣ったり。
それでも凡そコースタイム通りで上がり一安心。
で・・・翌日。
足の調子が良くなかったり、天気がいまいち安定しなかったりで・・・。
様々な要因が重なり、西穂まで縦走するのは断念して奥穂までとしました。

そのまま登ってきた白出沢を下り、新穂高温泉へ下山となりました。
しかし岩切道の辺りは相変わらず悪いですね。

そうそう・・・下山後に入った新穂高の温泉。
初めて行った所なのですが、なかなかいい温泉でした。
食堂のご飯も美味しかったし。

その後は剣へ行ったり唐松~五竜へ行ったりして。
そして久々の遠征は御神楽岳と御前ヶ遊窟。
この辺りの山はいいね。
人とは無縁の世界・・・山ガールも危なっかしいのもいない、純粋に楽しめる山。
そんな訳で、白馬から長野~飯山~小千谷~長岡~三条~加茂~五泉と走って三川津川へ。
初日の御神楽岳は蝉ヶ平コースの往復。
登山口から鉱山跡を通過、湯沢出合から岩尾根を登って行きます。

結構急な登りですが、それほど危険な箇所も無くいい感じ。
湯沢ノ頭へ展開する御神楽スラブを眺めながら、じわじわと登って行きます。

そして翌日はメインイベントの御前ヶ遊窟。
シジミ沢出合から見上げれば・・・岩峰がドーン!

最初は苔むした沢の詰め上げると、水流沿いのスラブに様変わり。
乾いた岩が気持ちいい!

途中、3級程度のクライミングもありますが問題になる様な事もなく・・・。

ここからがクライマックス!
クライミングシューズに履き替え、一般ルートから外れて大スラブの直上を開始!

傾斜は緩く3~4級下程度のスラブ登りですが、落ちると下まで転がりそうなので慎重に。
因みに中間支点は取れないので、ザイル1本分ランナウト(汗
上手く登れたのか、頂上直下の藪まで登り一般ルートと合流。
その後、山頂へ上がった後にソウケイ新道を下りました。
この下り、意外とヤバイ所が多いですがいい道ですね。

道は多少不明瞭だったりしますが、5箇所の鎖場さえ慎重に下れば問題はないでしょう。
特に最後の鎖。
高度感もあるし、かなり振られるので注意が必要です。

そんなこんなで。
帰りは来た道を戻り、白馬へ無事帰宅。

下の廊下
10月の第4週・第5週に入っていた下の廊下のガイド業務。
先日からの群発地震の影響で、白竜峡~十字峡間の道が大規模崩落。
おまけにあちこちで落石は頻発し、開通の目処が立たないとの事で中止としました。
1組は八ヶ岳へ振り替えとなったので、真教寺尾根から登って県界尾根を下山してきます。

Post Popularity Graphing by Knowledge Ring
ツールバーへスキップ