Monthly Archives: 7月 2011

You are browsing the site archives by month.

補導業務「北ア遭対協猿倉補導所」

猿倉補導所
朝5時に猿倉へ到着。
午後~明日から悪天候予想なので、その告知を中心に補導を行いました。
その中でちょっと感じた事。
若い方が多くなったのはいいけど、計画や装備に不備がある方が多いと思います。
流行だけを追うのではなくて、しっかりと基礎を学んでから挑んで欲しいものです。

補導業務「北ア遭対協八方補導所」

八方補導所で
朝5時半の始発に合わせて出勤。
この夏一番の人出にやや慌てましたが、殆ど洩れなく登山者カードを記入してもらえました。
みなさん、事故の無いよう楽しんできて下さい。

ガイド業務「更北中学校」

学校登山ガイド業務~更北中学校
17日に珍しく旅行会社のトレッキングガイド業務(人の多さに閉口)を行い、今日は学校登山の第2弾。
折から接近中の台風・・・実施かどうか疑問でしたが、集合場所に颯爽と現れたバス6台。
そんな訳で登ってきました。

さすがに丸山ケルンまでは厳しそうなので、早々に八方池までと変更になりましたが・・・。
稜線は極めて静か。
風は2~3m程度で、雨は時折パラつく程度。

何事もなく八方池へ到着。
その後も問題なく下り、昼過ぎには下山しました。
ギリギリセーフの感はありますが、何よりでした。

さて。
明日は山ノ内中学校の学校登山。
唐松岳へ1泊2日の行程ですが・・・さすがに厳しいかな。
中止になりそうな予感大。
個人的には、もちろん雨は降るだろうけど・・・そんなでもない感じがしますが。

ガイド業務「松代中学校」

学校登山ガイド業務~松代中学校
今年初の学校登山は、この松代中学校で開幕。
昨日同様、雷が気になるところですが・・・様子を伺いながら行ってみましょう。

丸山ケルン下の残雪はこんな感じ。
ここまでで、2箇所の雪渓を横断します。

この学校は丸山ケルンまで。
と・・・ここでお昼を食べていると大粒の雨が降ってくるではないか!
大急ぎで雨具を着させて、予定よりも早く下山開始。
まあ、大した事もなく無事下山しました。
遠くでゴロゴロ鳴ってましたが・・・・何とか逃げ切れたみたいです。

さて。
この松代中を皮切りに、学校登山のシーズンに突入です。
毎年案内をしている山之内中・野沢温泉中・信濃中と、八方尾根・唐松岳を往復する日々が始まります。

ガイド業務「白馬岳」(2)

今日もお山は快晴!
5時には宿舎を出て、杓子岳へと向かいました。

剣を望みながら・・・稜線散歩。

杓子へは1時間強の道のり。
再度宿舎へと戻り、今度は栂池方面へと進んでいきます。

白馬岳山頂も素晴らしいお天気。
槍ヶ岳・富士山・奥秩父方面・南アルプス・・・そして日本海と遮るものは何もない最高の展望。

気分良く稜線を進めば、この時期にしか見られない希少な高山植物。

ツクモグサが至ることで開花していました。
すでに最盛期は過ぎているので、お花は枯れ気味でしたが綺麗に咲いていた物を見つけてパチリ。
ここからは小蓮華岳・白馬大池と歩程を進め、白馬乗鞍岳へ到着。
ちょっとガスってきて、これも夏山らしいお天気の変わり方。

白馬乗鞍岳を出るとすぐに急な下りの雪渓が現れます。
天狗原の木道まで、殆どが雪の上を歩くので要注意。
特に上部の長い下りはロープこそあるものの、非常に急な斜面なのでアイゼンは必携。

天狗原からは嫌になるドロドロ・ヌタヌタの道を下り、15時には栂池へと下りました。
いやいや・・・長い距離を歩きましたね。
お疲れ様でした!

次回は奥穂~西穂と下の廊下でご一緒させて頂く予定です。
今回はありがとうございました。

ガイド業務「白馬岳」(1)

プライベートガイド・白馬岳
プライベートガイドで白馬岳へ行ってきました。
剣などにもご一緒させて頂いている常連さんご一行。
心配されたお天気も、入山当日には気象庁からの梅雨明け宣言。
とてもいい条件の中、素晴らしい山登りを楽しむことができました。

まずは猿倉から白馬尻へ。
大雪渓の舌端は、大雪渓ケルンのあるところで例年と変わりない。

落石が常に「カラカラ」と落ちる中、途中2回の小休止を交えて葱平取り付きへと上がりました。
ここも例年と殆ど変化なし。

小雪渓は道切りしていないので、バケツを追いながらのトラバース。
滑落すれば洒落にならない斜度なので注意が必要です。
で・・・お花畑へと登れば。

ウルップ草とハクサンイチゲ・・・満開。

ミヤマオダマキ・・・とても綺麗に咲いていました。
特にウルップソウは当り年で、全ての株が綺麗に花を出していました。

そんな訳で14時前には村営頂上宿舎に投宿。
ビールをご馳走になり、美味しい夕食を食べて21時には就寝しました。

ガイド業務「岩稜講習」(2)

2日目
嫌になる湿気と暑さの中、とりあえずは赤岩峠まで。

そこから大ナゲシの基部まで行き、いよいよ核心部となるルンゼ状の岩場に取り付きます。

先に登って確保しましたが・・・意外や意外。
全員スルスルと登ってきて、大ナゲシの山頂に到着。

しかし、ここの岩場は年々悪くなる一方ですな。
下りは鎖が設置されているルートを確保交じりで下り、無事に赤岩峠へ帰着。
その後、大滝道の駅で温泉に入り、八王子で夕食を食べて解散となりました。

この感じなら本番も問題なさそう。
皆さん、がんばりましょうね。

ガイド業務「岩稜講習」(1)

プライベートガイド・大ナゲシと両神山
8月の下旬に剣岳へのプライベートガイドをお願いされているグループ。
とりあえず、全員のレベルを知る事とスキルアップを目指して両神山と大ナゲシへ。

初日は遅い時間からの歩き出しだったので、主に「確保のされ方と流れ」に主眼を置いて講習。

雨は降っていませんでしたが、やや湿った岩は滑り易くて少々難儀する場面も。
天気も安定せず・・・。
それでも行蔵まで行って、八丁峠へ戻ってきました。

Post Popularity Graphing by Knowledge Ring
ツールバーへスキップ