Monthly Archives: 11月 2010

You are browsing the site archives by month.

長野県スキー連盟アルペン委員会議

長野県スキー連盟アルペン委員会議
長野市で行われた上記会議へ行ってきました。
今年はルールの細かい変更があり・・・面倒そう。
ついでにタイミングの器材について。
使えないモノが出てきそうだが、新しい器材を買う予算などある訳が無い(汗

う~ん。
困ったものだ。

序に長野県選手権大会(野麦峠スキー場)と県大会週間(戸狩温泉スキー場)への出張が決定。
両方合わせると9日間!
まだ他にも入りそうな気配だが・・・・。
あとはスクールの予定と摺り合わせないと何ともなあ。

ガイド業務「妙義・西大星北稜」

西大星ガイド業務
西大星に行ってきました。
午後13時過ぎに無事登頂。
今回も忠実に北稜を辿って登りました。

(頂上までのヒント)
北稜上部のスラブをトラバース後、泥ルンゼ~針峰コルへ上がる。
コルから5m程度の岩場(3級上)を直上後、左手へトラバース。
右上するルンゼ50mを登る。
※途中、右手のリッジに上がった方が楽(3級上)
横断しているバンドを右へトラバース、圧倒的な高度感のあるテラスへ出る。
正面の壁5mを直上(4級)~藪のリッジ~正面の壁5mを直上(5級)。
※共に抜け口が非常に悪い。
ランペを右上して大岩を回り込むとリッジ上へ出る(4級上)。
※コケで非常に滑り易い。
リッジでピッチ区切る(40m)。
藪尾根を進み、岩峰の頭へ出て懸垂下降(45mで一部空中懸垂)。
コルに降り立ったら、ルンゼ右手のフェース(3級上)を直上してルンゼに入る。
バンドを左上して正面の泥壁を登る~頂上はすぐそこ。

下降は熊に注意しながら。
最後のルンゼから伸びる沢身を下り、すぐに懸垂2ピッチ。
そこから右手の小尾根沿いに下り、急な斜面をやや左手に向かって行く。
※右手に移らずそのまま下ると・・・恐らく困ることになると思います。
小さな沢に出たら横切る様にトラバース。
次の沢身に降り立つと、それが鍵沢の本流。
あとは登山道まで一投足です。

登山口帰着は16時半。
長くも充実した山行となりました。
因みに藪で腕がボロボロ(泣

Post Popularity Graphing by Knowledge Ring
ツールバーへスキップ