Monthly Archives: 9月 2009

You are browsing the site archives by month.

ガイド業務「越後三山縦走」(3)

越後三山ガイド業務3日目
いよいよ最終日。
昨日の夕食時に食料を振舞ったので、荷物も軽くなり気分も軽いぜ。
でも・・・外は霧雨。

出発は5時半過ぎ。
歩き出しから下りが続き、順調に進んで檜廊下へ。
以前よりも歩き易くて拍子抜け。
でも右手はスッパリと切れ落ちた岩場なんで注意が必要。
(檜廊下周辺は天気が悪かったので画像なし)
細かいアップダウンを通過して天狗平に着く頃には・・・お天気が回復!

ここも紅葉が綺麗。
そして・・・ふと目を向けると、昨日歩いた稜線が見えた。

まあ良く歩いたもんだ。
ここからは道も「普通」の登山道となり、幾つかのピークを越えると越後駒ヶ岳が見えた。

実際には奥のピークなんだけどね。
グシガバナとの道を合わせれば、頂上はもうすぐそこだ。

越後駒ヶ岳山頂。
後ろに見えるギザギザの山は八海山。

左手に中ノ岳と右手に御月山。
右隅にはグシガバナのピークも見える。
山頂から僅かに下ると駒ノ小屋。

水場はかなり下方へ移動している様子。
こうなると水も貴重品です。
さて・・・あとはグングン下るだけ。

百草の池から望む越後駒ヶ岳。
ここの下りは赤土混じりで滑りやすく、段差も大きいので疲れます。
それでも小倉山までは順調そのもの。

さて・・・ここからが地獄の始まり。
枝折峠まで、一見すると下りの様だが実際にはアップダウンの連続で嫌気が差してくる。

道行山。
もう歩きたくない(笑)

明神峠。
ここへの登りが長くて一番キツイよ。
そして枝折峠に着いたのは14時前。
早く車に乗りたい一心で画像は無し(笑)

後は大湯まで下って湯之谷村の温泉施設で入浴。
クライアントさんとは浦佐でお別れして帰路に付きました。
あ~疲れたよ。

ガイド業務「越後三山縦走」(2)

越後三山ガイド業務2日目
越後三山の縦走が厳しいと言われる理由が今日の行程。
とても長い1日の始まりだ。
5時半過ぎに千本檜小屋を出発。
今日の行程は長いので、ここは迷わず迂回路を選択して先へ進む。

八海山の最高峰である入道山(凡ヶ岳)を通過すると、道は急激に下り始める。
途中、ガレ場の草付きに左手への踏跡があるけど入っちゃだめだよ。
下りきった所が五龍岳。

コルに「岳」も不思議な気分。
阿寺山への道は水害で寸断されていて通行止め。
我々は中ノ岳へ向かうので、ここは直進です。
五龍岳を出ると尾根は痩せてきて、急な下りの始まり。
鎖がある所もありますが、それ以外にもトラップが多いので注意が必要です。
特に左手の水無川側は切れ落ちているので要注意。

荒山の手前から望む縦走路。
まだまだ先は長い。

八海山~御月山間で唯一の標識となる荒山山頂。
ここ以外には位置を示す看板やら、道標は一切ありません。
もちろんペンキマークも無し。
ただ尾根上をひたすら進むので迷いようは無いと思うけど。

荒山周辺からオカメノゾキと御月山を望む・・・笑ってしまう位に高く聳えてます。
ここからは痩せ尾根を慎重に進む様になります。
道径はしっかりしているので問題は無いと思いますが・・・。
荒山から下ると細かいアップダウンが続き、嫌気も一層強くなる(笑)

オカメノゾキ周辺から出雲先方面・・・ガスっていて見えない。
でもカンカン照りよりかマシかな。

こんな痩せた尾根が続くのだ。
一部は木登り系の登りもあるよ。
で・・・出雲先への登りはキツイので覚悟が必要。
でも・・・やっとの思いで出雲先へ着いても、まだまだ登りが続くので心が折れる(笑)
御月山へも急登の連続。
鎖場を越え、安定した道を歩くと待望の御月山だ。

以外にも綺麗に刈払いされていた。

御月山からは水場のある祓川への下り。
もう危険箇所もなく、草原が広がる気持ちの良い道。

祓川・・・・水が無い(涙)
仕方ないので水溜りで4リッターを補給。
煮沸して使うなら小屋の天水を使ってもいいのだが・・・無い事を考えるとやっぱりここで補給。

おおおおおっ。
素晴らしい紅葉。

中ノ岳の斜面も紅葉に彩られ、気分も僅かに高揚した気分に。
でも・・・ここからの登りは相当にキツイ。
しかも水を補給したので、荷物の重さは20キロを軽く越している。
重い・・・・・。
草原の草付きからコケで滑り易い沢筋に入り、尾根からガレ場に入れば小屋はすぐそこ。

長かった。
結局、この間には誰にも会わず。
因みにマムシには3回遭遇(汗)

中ノ岳避難小屋に到着したのは16時ちょっと前。
先客は9人。
平日なのに結構居るもんだ。
因みに天水タンクは満水状態(泣)
担ぎ上げなくてもよかったじゃん。

18時には夕食を済ませ、19時過ぎにはシュラフに潜り込む・・・。
あっと言う間に眠りに落ちました。
おやすみなさい。

ガイド業務「越後三山縦走」(1)

越後三山縦走ガイド業務1日目
今回はとっても厳しいコトで知られる越後三山の縦走。
まずスタートは八海山スキー場。
ロープウェイで稜線まで上がっちゃいます。

歩き出しは9時ちょっと前。
いきなりの急登ですが、稜線に出るまでのちょっとの間だけです。

ここからは特に悪場もなく、細かいアップダウンを処理していきます。
そして初めての鎖場を通過し、急な登りを終えると女人堂の避難小屋に到着。

ログハウス調の綺麗な避難小屋。
さらに僅かな歩程で祓川の水場。
水流も豊富なんで、ここで今晩の水を4リッター調達。
で・・・ここから浅草登りの始まり。

何とも言えない微妙な傾斜の岩場に鎖が張ってありますが・・・登り辛い。
鎖は要らないけど、足元は濡れていて滑り易いのだ。
それでも30分ほどで薬師岳の山頂に到着。

今晩泊まる千本檜小屋(八海山避難小屋)は目と鼻の先だ。

薬師岳から水場のコルへ下り、登り返せば避難小屋に到着。
先客は1人。

時間もあるので荷物を小屋に置いて、大日岳方面へ出掛けてみた。
稜線は鎖場が連続。
高度感満点の尾根歩きだ。

そして意外と紅葉が綺麗。
この後、小屋へ戻り17時頃から夕食の準備。
結局、この日は我々2名と先客の1名だけの夜を向かえて19時にはグッスリおやすみ。
さて・・・明日は長いぞ。

山の食料

山の食料
24日からの越後三山縦走。
全てが避難小屋泊まりなので、自炊道具と食料・シュラフ等は持参となります。
そこで頭が痛いのが献立。
結構キツイ縦走なんで、余り重たいモノや豪華なモノは持っていけません。
それとクライアントさんは肉が食べれないとのコト。
難しい・・・。

1日目(夕食)

白米・鯖の味噌煮・肉じゃが・あおさの味噌汁・おしるこ。
まあ妥当。
2日目(朝食)

わかめご飯・茶漬けにゅうめん・たまごスープ。
茶漬けにゅうめんは三輪のにゅうめんを使用。
2日目(夕食)

白米・函館市場のシーフードカレー・普通のカレー・サフランライスの調味料・コーンスープ。
シーフードカレーは長野の東急まで行って買ってきたのだ。
白馬じゃ・・・売ってない。
3日目(朝食)

赤飯・鮪のうま煮・かに汁。
鮪のうま煮は残りモノになっているはず。
これも東急で購入。
予備・副食・昼食用

白米・かに雑炊・お吸い物・チーズリゾット・ペンネアラビアータ・味噌煮込みうどん・きなこ餅。
ちょっと多めに持参します。

そんな訳でパッキングをしてみると・・・・。

90リッターのザックがパンパンorz
食料が相当嵩張ります。
普段はあまり活躍しないザックですが、今回は大活躍しそうです。
因みに重さは水を除いて20キロ程度。
出発は明日の夜です。

ガイド業務「槍ヶ岳北鎌尾根」(3)

北鎌尾根ガイド業務3日目
お客様とは槍岳山荘でお別れ。
そうなれば、あとは上高地へ向かってひたすら下るだけ。
6時15分に槍岳山荘を出発。
8時に槍沢ロッジ。
上高地着は11時20分。
しかし横尾から上高地は長いね・・・出来る事なら歩きたくない(汗)

こうして北鎌週間は終了。
次は19日からの越後三山縦走。
でも台風来てますね。
下界は影響なさそうだけど、山はちょっと荒れそうな予感。
さて・・・・どうしよう。

ガイド業務「槍ヶ岳北鎌尾根」(2)

北鎌尾根ガイド業務2日目
いつも通り3時半に起床。
夜半まで降っていた雨は上がり、今日も満天の星空!
ただ冷え込んでいて、外に置いてあるテーブルの上は凍っています(汗)
さて・・・4時40分に大天井ヒュッテを出発。
今回は何の問題も無く、7時15分頃には北鎌沢出合に到着。

最高の秋晴れ!
途中、左俣との分岐(二俣)で水を汲んでからコルを目指して登っていきます。

北鎌尾根は北鎌のコルまでが勝負なので、ここは無理をせずゆっくり登っていきます。
(メモ)
北鎌尾根を1日で登り切るには、北鎌のコルまでが勝負どころと言えます。
ここまでで体力を消耗すると、後々が厳しくなって槍まで辿り着けなくなります。
逸る気持ちは判りますが、ここまでは体力温存で・・・。

北鎌のコルに到着。
時間は9時40分です。
ここでハーネスなどを装着して、いよいよ核心部の始まり。
天狗の腰掛までは這松を掴みながらの急登です。
(メモ)
遅くても10時前後には到着するように。
北鎌を登るレベルの方であれば、ゆっくり来ても十分間に合うはずです。


天狗の腰掛を過ぎると獨標がドーンとその姿を現します。
獨標は通常のトラバースルートに入り、途中のバンドを右上するとチムニーの入口。
ここにはスリングが設置してありますが、よく見ると支点はハーケン1本のみです。
全体重を掛けるのは止めましょう。
これを登り切ると再び細いバンドをトラバースして、微妙な1歩で1段下のバンドへ下ります。
すると前方にはトラバースルートが続いてます。
ここは直ぐ左手に続く踏み跡を辿り、獨標とP11のコルへ上がった方が得策。
P13(白ザレのピーク)は正面を直登、その後も全て稜線通し。
僅かにピークの下を巻く(全て千丈沢側)所があっても、すぐに稜線に登り返すことを心掛ける。

いやいや。
大槍は遠いなあ。
それでも感動的なご対面はもうすぐ。

北鎌平。
大槍と小槍が天を突く様に聳える。
(メモ)
トラバースルートを辿ると北鎌平の先へ出てしまう。
これでは北鎌尾根の魅力は半減。
とにかく稜線通しが基本。
*********************************
そしてフィナーレ。

槍ヶ岳の山頂に到着!
行動時間で11時間30分。
あとは慎重に穂先から下れば槍岳山荘。
振り返ると・・・。

大槍。
何ものにも換え難い一瞬。
皆さん・・・お疲れ様でした。

夜は小屋でのんびりと。
夕食後にはバッタリ出くわした北穂のナベさんと1時間ほど話し込んで就寝。

今回は理想的なルートを辿る事ができたと確信しています。
ルートの取り方で1~2時間のロスが出る北鎌尾根。
体力はもちろんのこと、ルートを見分ける力が成功の鍵となります。
これから挑戦しようとお考えの方。
ぜひ頑張って下さいね。

ガイド業務「槍ヶ岳北鎌尾根」(1)

北鎌尾根ガイド業務1日目
北鎌尾根の連荘。
今回は2名様のプライベートガイドで北鎌尾根へ向かうことに。
お客様との合流地点は大天井ヒュッテなので、中房温泉から1人で歩き出した。
出発は9時。
お天気は雨ですorz
とにかく1人なので音楽でも聴きながらサクサクと登るしかない。
燕山荘着が11時20分で出発が12時。
大天井ヒュッテに到着したのが13時15分。
中房温泉から休憩込みで4時間15分。
いいペース。
小屋に着いてからは支配人の小池さんやお客様と歓談して1日が終了。

明日の天気・・・どうかな?

ガイド業務「槍ヶ岳北鎌尾根」(2)

北鎌尾根ガイド業務2日目
3時半に起床。
天候を確認すると満天の星空!
大天井ヒュッテを4時20分頃に出発し、30分弱で貧乏沢の下降点に到着。
ここから順調に貧乏沢を下降して行ったのですが・・・・。
途中でクライアントさんが転倒して胸を強打。
それでも「歩けます」と言う言葉を信じて下り、北鎌沢の出合には7時に到着。
時間的には何ら問題のない時刻。

ここで私。
「胸は大丈夫ですか?痛みの具合から肋骨が折れているかヒビが入っているかもしれませんよ」
それでも歩けると言うことで北鎌沢を登り始めたのですが・・・。
二俣でやはりギブアップ。
ここで即座に北鎌尾根は中止として、天上沢を登り槍沢方面にエスケープ。

水俣乗越までは長い道程ですが・・・。
痛む場所が場所だけに、ここは頑張って歩いてもらうしかない。
ヘリを呼ぶと言う方法もあるんだけど、クライアントさんは通常のルートであれば歩けるとのこと。

天上沢からは北鎌尾根の全景を俯瞰することができる。
この角度から見ることは滅多にないですね。
水俣乗越への詰めはガレ場と草付きのキツイ登り。
それでも11時過ぎには到着し、あとは上高地まで下るだけです。

この後、槍沢ロッジ~横尾~徳沢~明神と歩き通して上高地着は17時30分。
行動時間は実に13時間(汗)
いやいや。
よく歩き通してくれました。
痛みはあったでしょうが、その体力と精神力には感服します。
何はともあれ。
お疲れ様でした。

追記。
翌日メールにて肋骨1本にヒビが入っていた事が判明。
一日も早い回復をお祈り申し上げます。

ガイド業務「槍ヶ岳北鎌尾根」(1)

北鎌尾根ガイド業務1日目
今回は2名のクライアントさんを連れて槍ヶ岳の北鎌尾根。
朝6時に中房温泉を出発して、まずは合戦尾根をのんびりと登っていきます。
お天気は上々!
合戦小屋の上部に出れば大槍と小槍が姿を現します。

そして間もなく燕山荘。
ここで昼食を摂り、表銀座の稜線を歩き出せば北鎌尾根の全景がドーン!

明日登るルートが手に取る様に見渡せます。
後は大天井のトラバースルートに注意して行けば大天井ヒュッテに到着。
時刻は13時ちょっと過ぎ。
予定通り、7時間程度の歩程でした。
さて・・・明日はお天気も良さそうですし、絶好のアタック日和となりそうです。

しま・シマ・島

しま・シマ・島
10月の連休・・・伊豆七島の神津島へ行く事になりました。
もちろん「山」のガイドのお仕事です。
ホントです。
花の百名山にも選ばれている天上山と言う山です。
クライアントさんは・・・もう5年位のお付き合いになる4名の看護婦さんグループ。

そこでだ。
島へのアクセスを考えた時に悩みが・・・。
日程は1泊2日の土~日。
金曜日の晩に竹芝桟橋から出航する船に乗ると午前10時着。
当日は山へ行ったりBBQしたりで問題なし。
帰りは翌日の調布空港行きの飛行機、最終便に乗れば島を堪能できるという算段なのだが・・・。
以外と時間に余裕が無いことが判明。
まず初日。
島に到着してから、キャンプ場までが意外と遠い。
だから山登りを終えて、町中へ買出しに出掛けるのも遠い。
温泉施設も遠い。
ムムム。
それならばBBQが出来る宿に泊まり、食材は仕入れておいて貰う方がベターなのか。
そうすれば港から、空港までの送迎も有りだし。
でもキャンプと言う大イベントが無くなってしまうのも・・・どうかと。
さらに・・・釣り好きとしては夕方に釣りでもして、大物を1匹でもゲットして食材として並べたい。
あ~時間が無い。
悩む。

次。
帰りの飛行機を最終便にすると後が無い。
神津島は離島であるから、天候が悪いと船も飛行機も欠航となる訳だ。
そうなると朝一番の飛行機を予約しておいた方がいいのかな。
それとも船???
僕自身は何日遅れても問題は無いが(汗)
看護婦さんは、そういう訳にはいかないと思う。

悩みは尽きない。
でも、この段階がまた楽しみだったりもする訳で。

Post Popularity Graphing by Knowledge Ring
ツールバーへスキップ