Monthly Archives: 8月 2009

You are browsing the site archives by month.

秘密兵器購入!

献立
9月の連休にお仕事で越後三山へ行きます。
山小屋が無いので、3泊とも自炊になる訳で・・・今、その献立を考え中。
できればフリーズドライを中心に考えていきたいんだけど、ネットで購入するにしても1箇所で全て揃えるのは難しそう。
ムムム・・・。
どうしましょう。
ここ数年は山小屋泊まりが中心で、すっかり楽をしてたからなあ(汗)

秘密兵器
試しに次回の富士山で実験予定。

これ何でしょう?
大きさがちょっと気になりますが・・・いい結果が出れば実戦投入ってコトで。

ガイド業務「篠ノ井東中学校」

集団登山で
27日~28日は篠ノ井東中学校の集団登山で唐松岳へ・・・って。
新型インフルエンザの流行に伴い、唐松岳は中止になって28日に日帰りで第3ケルンまで行ってきたよ。

当日はドンヨリと曇ってたけど、暑くなくて登り易かったです。
しかしインフルで中止とは・・・残念。
長野県は全国で6番目に感染者数が多いそうな。
自分も注意しなきゃ。

インプレ
なかなかハードな運動をしていないのでPowerbar & Gelのインプレが出来ない。
それでもちょっと試してみたので感想を。
歩き始めにGelを飲み、その後の休憩でBarを食べてみた。
むむむ・・・歩き始めからして足が軽い。
しかもBarを食べた後には疲れ知らず。
持久力が持続されると言うか・・・うまく言えませんがいい感じです。
まだハードな状況下で使っていないので何とも言えませんが、これは今後も使っていくことに決定!

今後の予定
また週末の天気が悪いようで。
そこで下記の通りに予定を組み直しました。
9月04日~05日:富士山ガイド
9月07日~09日:劒岳北方稜線ガイド(プライベートガイド)
9月11日~13日:槍ヶ岳北鎌尾根ガイド
9月15日~17日:槍ヶ岳北鎌尾根ガイド(プライベートガイド)
9月19日~22日:越後三山縦走
9月25日~27日:プライベートガイド(場所は未定)
近々ではこんな感じです。

近代的食料&通信手段

登山を近代的にしてみる
まずは食料摂取について。
登山。
おそらくは身体的な負担が、最も大きいスポーツのひとつであると思われます。
そこで、遅ればせながら近代的なアイテムで武装しようと決意(笑)
使えるモノは使おうと言う訳で、近所のスポーツ店でこれを購入。

PowerBarです。
次回のガイド業務から試してみようかと・・・。
PowerGel はその名の通り、ジェル状になったモノ。
テイストは在庫にあったレモンライム・トロピカルフルーツ・バナナ・梅で。

これひとつで120kcl
C2MAXという炭水化物が主成分で、あとはナトリウムが含まれています。
因みに薄くて軽くて(41g)利便性が高そう。
PowerBar はシリアル系の食べ易いバーとは異なり、ペースト状のモノになっています。
こちらも在庫にあったテイストをチョイス。
バニラ・ココナッツ・チョコレートです。

こちらも炭水化物はC2MAXが主成分です。
そして何と・・・これひとつで220Kcal
ただし、単純にカロリー量と言うよりも摂取してから体内で活かすまでのスピードがキモでしょう。
その点、これは即効性を謳っているので期待できます。
そう言えばツールド・フランスでも選手達がレース中に食べてましたね・・・。

使用した結果は次回のお楽しみと言うことで・・・。
でも大体は判っています(汗)
使用者に聞いたところ「ドーピング」に近い感覚があるそうな。
かなり強力みたいです。

携帯電話を山間部で使うには
うちはDocomoユーザーなんで、必然的にFomaになっています。
それでも昨年までは山で繋がりにくい状態だったので、Movaとの併用だったのですが・・・。
いやいや凄い。
Foma入ります。
それもそのはず・・・Docomoで数年前からこんなキャンペーンをやっているのです。
Docomo Bari3 Project

先日の槍ヶ岳~西穂高岳の縦走。
新穂高~槍平小屋間は全てでアンテナが立つ状態。
南岳新道の南沢出合で圏外になるものの、西尾根上に上がれば電波復活。
以降、西穂山荘までの稜線上で入らない所は無いくらいバリ3でした。
因みに劒岳の三ノ窓や梯子段乗越でも通じました。
よく山では「AU」が強いって言われますが、それは有り得ないでしょう。
事実、南岳小屋や槍平小屋でAUは完全に圏外でしたので。
そんな訳でFoma/Movaの切り替えを行う「デュアルネットワークサービス」は解約しました。

登山を近代的に行うには、やはり時代の流れに付いていかねば・・・。
そして情報を正しく得て、それを正しく使いこなす事が重要かと思われます。
今回は食料と通信手段についてでしたが、折を見て次回は別のテーマを追っていきたいと思います。

お菓子作りたい病

お菓子を作りたい
以前もこの病にかかり、突発的にチーズケーキを作った事がありましたね。
http://898mgw.com/wordpress/?p=1604
今回はどうしても「クッキー系」のモノが作りたくなって、材料を買いに行って用意したよ。
まずは無塩バターと少しづつ砂糖を入れて混ぜてみます。

頃合を見て次に投入するのは・・・卵黄・薄力粉・オートミール・シナモンパウダー。
これを入れたら切る様に混ぜ合わせていきます。


あとはオーブンへ。
180~190度で約30分ほど焼き上げます。
で・・・こっちは別の焼き菓子を。

マシュマロとかナッツとかココアパウダーを用意。
こちらも順番通りに混ぜたりしながら、最終的にはオーブンへ投入。
そして。
出来上がり。

マシュマロはどこへ(汗)
焼いている時に気付いたんだけど・・・融けちゃった(泣)
因みに左はトフィーバー。
粉砂糖が無かったのでアイシングは無し。
右はマシュマロ・ココアクッキー&ナッツクッキー。

上手く出来たんじゃない????
美味しいもんね。

予想通り・・・雨

予想通り
雨です。
結構いい降りです。
行かなくてよかった・・・かな。
明日も降りそうなんで、どうやら自分の予想は当たった様です。

ホームページの更新
実は支払いをクレジットカード対応にします。
春から考えていたんだけど・・・ヤルなら今しかない!
そんな訳でPCと1日中お付き合い。
ついでに横幅をちょっとだけ広くしたり。
そして。
実は6月の中旬には来年のプランが出来上がっていたりする訳で。
その辺りもちょこっと。
流石に今からアップするのは早すぎる気もするので・・・アップはもうちょっとお待ちを。

北鎌は悪天予想で中止

今期2度目の・・・
21日(金)からの北鎌尾根。
天候判断で中止としました・・・・残念。
一応、お申し込み頂いているクライアントには翌月の11日(金)からに振り替えとさせて頂く旨、先程メールにてお知らせしました。
お天気の判断材料ですが・・・。

上は20日21時の予想天気図。
まずは①の通り、低気圧が東進します。
すると②の前線が日本列島に向かって南下後、恐らくは通過となるでしょう。
そこで当然の如く21日は雨。
何となく早く雨は上がる様な気もするのですが、注目は③と④
③は台風10号と熱帯低気圧になりそうな低気圧。
日本の南海上は低圧帯なんですね。
通常の夏だと日本の南方海上に「クジラ型」の高気圧が張り出して日本列島を包むのですが、今年はその傾向では無いのです。
そこで考えられるのが天気回復の遅れ。
湿った空気が南方から、冷たい空気が北から入ってくるからね。
さらに④の高気圧があるため、低気圧の進むスピードが遅くなると思われます。
そこで私が下した判断。
21日:雨。
22日:凄く難しくて微妙だけど夜半~午前まで雨が残りのちに曇り。
里は判りませんが、あくまでも山の天気。
依って中止。
因みに、この低気圧が過ぎれば一気に秋模様になりそうな予感。

危うきには近寄らず。
スジ打ちよりも、迷った時には安全牌を。
ベタ降りが吉。

なんのこっちゃ(笑)

今後の予定
8月27日~28日:唐松岳学校登山(篠ノ井東中学校)
8月31日~9月2日:劒岳北方稜線
9月4日~5日:富士山
9月6日~7日:富士山
9月11日~13日:槍ヶ岳北鎌尾根
9月19日~22日:越後三山縦走
9月25日~27日:立山三山他
今週がちょっと空いちゃいました・・・うむ。
なかなか日程の調整が出来ませんでしたが、これでほぼ決定でしょう。

ガイド業務「槍ヶ岳・西穂縦走」(4)

槍~西穂縦走ガイド4日目
さてさて・・・今日は難所続きの行程。
朝4時には穂高岳山荘を出発して、まずは奥穂高岳へ向かって登ります。
奥穂高岳までは約1時間。
山頂に到着して、明るくなるのを待てば・・・・。

姿を現したジャンダルム!
今日はこの稜線を歩いて行きます。
奥穂高岳の山頂でロープを結び、最初の難関となる馬の背は支点にスリング・カラビナをセット。
そこにロープを通して肩絡みビレー。

無事に下り切れば小ピークからこの迫力!
ジャンダルムが一際大きく聳えています。
ここからコルまでは落石の多い、急な下りとなるので慎重に下ります。
ロバの耳を通過し、逆層のスラブを下ればジャンの基部。
さらに進んで行けば、一息付ける天狗のコルに到着です。

天狗岳への登り。
いきなり垂直の岩場を登っていきます。

特に出だしの数メートルは傾斜がキツクて、慣れていない方は難儀するところ。
ここを過ぎればハイマツ帯~脆い岩場を越えて天狗岳の山頂です。

ここで気分的には行程の半分。
振り返れば、歩いてきた稜線が見えます。

また、これから進む方向を見れば、一番の核心部となる間ノ岳が目前に!
これからが一番大変な部分。
気を引き締めて進んで行きます。

天狗岳から間天のコルへの下りは新しく鎖が架け替えられてました。
で・・・ここで相次いで田辺さん・水越さんなど、知り合いのガイドさん達とすれ違う。
みんな働いてますね(笑)

これがその下り。
逆層のスラブで、非常に危険。
間ノ岳まで来れば、もう少しなのですが1つ手前のピークにあるバンドのトラバースがまた嫌らしい。
慎重に確保をして、最後の登りを終えると西穂高岳!
あとは今までの道と比べれば「遊歩道」の様な登山道を快適に進み、西穂獨標へ。

午後1時。
西穂山荘へ到着して大休止。
コカ・コーラがこの世のモノとは思えないほど美味しい!

ロープウェイに乗って新穂高温泉に帰着したのが4時頃。
深山荘でお風呂にはいれば極楽至極。
これでお仕事はおしまい。
大変お疲れさまでした!

気づいたこと
ヘルメットを被っていない登山者が余りにも多い。
危ないですよ。
それと我々を悪場で「先に行かせて下さい」と言われた方。
場所を考えましょう。
ついでにその方。
抜いた先で2度もルートを間違えました。
僕が「違いますよ」と言わなければ・・・どうなっていたのでしょうか。
気をつけてくださいね。

このルートについて
やっぱり何と言っても大変な所です。
成功の鍵はルートの読みと、荷物の軽量化でしょう。
ルートは1つ間違えると進退窮まる場所に出てしまいます。
岩も全体的に脆く、変な場所に入れば滑落の危険が大。
特に危ない場所は・・・・
●馬の背
●ロバの耳への登り
●ジャンダルム周辺
●天狗岳~間天のコルへの下り
●間ノ岳周辺全域
●間ノ岳から西穂への1つ目のピークにあるバンド・トラバース
荷物は10キロ以内に抑えて、しっかりと体調を整えて挑戦されることを望みます。

ガイド業務「槍ヶ岳・西穂縦走」(3)

槍~西穂縦走ガイド3日目
最高の天気!
今日は穂高岳山荘までの行程で、まさに北アルプスの核心部を歩く行程。
途中には大キレットが控えています。
そんな訳で朝6時過ぎにはハーネスを装着して、ガイディングショートロープで確保した状態で出発。
直ぐに大キレットへの下降が始まり、慎重に歩程を進めていきます。

長谷川ピークの辺りまで辿り着けば、今まで歩いてきた稜線が俯瞰できます。
それと後方には水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳・双六岳の大展望!
素晴らしいの一言!
何度来ても、やっぱり北アルプスは最高。

A沢のコルは一息付ける場所。
それでも北穂高岳へは「飛騨鳴き」などの難所がまだまだ続きます。

滝谷の岩場を従えて聳える北穂高岳。
山頂に小屋があるのが判りますか?
そして9時過ぎには北穂高岳に到着。

山頂からは槍ヶ岳がドーンと直立している姿が。
この後もロープを付けて確保した状態で涸沢岳へ。
そして13時には穂高岳山荘に到着。

今日は大キレットでのすれ違いが殆ど無く、スムーズに歩程を進めることができました。
全てが順調に進んだ1日。
しかしながら・・・穂高岳山荘は劇混み。
使っていない部屋もあったんだけどねえ・・・・。
まあ・・・シュラフ&マットを持参していたので談話室で寝たけど。
おじさんの鼾やらで、殆ど寝れなかった。

さて。
明日は今回の核心部となる奥穂高岳~西穂高岳の縦走。
頑張りましょう。

ガイド業務「槍ヶ岳・西穂縦走」(2)

槍~西穂縦走ガイド2日目
朝・・・起きてみれば予報通りの雨。
風も強く、歩くにはいまいちの条件です。
この後の長い行程を考えると停滞もありなんですが、最終日がキツクなるので前進することに。
そうは言っても槍~南岳の稜線は暴風が予想されるため、南岳新道で直接南岳小屋へ向かうことにしました。
南岳新道・・・キツイ登りです。
延々と急登が続きます。
足場も一部悪い所があり、上部の岩尾根に出れば予想通りの強い雨と風。
それでも3時間半ほどで登り切って、午前10時には小屋に到着。
早速受け付けを済ませ、あとは長い小屋生活の始まりです(笑)

南岳小屋はコーヒーのバリエーションが凄い!
ベイリーズを頂けば、身体も心も温まります。

その他のおつまみ等も種類が豊富です。
2~3日、のんびりと過ごしても飽きないかも。
南岳小屋には毎年泊まっていますが、ここもお気に入りの小屋のひとつです。
夕食時にはビールをサービスでご馳走になり感謝。
小屋は混雑していたのですが、空いたスペースも就寝用に開放してくれたので快適に寝ることができました。

明日。
天候は申し分なさそう。
夏山の醍醐味を味わえるかもね!

ガイド業務「槍ヶ岳・西穂縦走」(1)

槍ヶ岳~西穂高岳縦走ガイド1日目
毎年恒例とも言える槍ヶ岳~西穂高岳までの大縦走ガイド。
今年はプライベートガイドでの実施となりました・・・贅沢ですね~。
さて・・・まずは新穂高温泉から槍平へ向かう訳ですが、確か槍平小屋は先着3組までに個室が貰えるはず。
そこで6時には新穂高温泉を出発して、のんびりと歩き始めました。

お天気は上々!
4日後に歩く西穂への稜線もクッキリと見えています。
白出沢出合で林道は終点、そこから登山道を歩く訳ですが・・・・暑い。
夏らしいお天気がシーズンインを告げている様です。

滝谷出合周辺からは・・・荒々しい滝谷の岩場を望むことができます。
午前9時過ぎ。
この頃から雲が出始めて、ようやく歩きやすくなって・・・・

午前10時過ぎ、槍平小屋に到着!
ちょっと早い気もしますが、ここは素早く泊まりの受付を済ませます。
で・・・2番手の到着(笑)
個室決定です。
あとはビールなどを飲みながらのんびりと過ごし、お昼にはラーメンを注文。
あっ・・・ここはビールの種類が豊富です。
ラガー・オリオン・ハイネケン・バドワイザー・スーパードライ・・・等等。
贅沢な山小屋生活となりました。

因みに槍平小屋。
私の大好きな小屋のひとつでもあります。
非常に過ごしやすい小屋で、スタッフの対応も親切丁寧。
機会があればぜひ!
さて・・・明日はどうやら悪天候の予報。
行程をどうするかな。

Post Popularity Graphing by Knowledge Ring
ツールバーへスキップ