Monthly Archives: 12月 2006

You are browsing the site archives by month.

ガイド業務「赤岩尾根縦走」(3)

今日は最終日。
昨日とは様相の異なる山へと言うことで、南天山へ行くことになりました。
中津川林道を進むと程なく鎌倉橋に到着。

ここから登山道を鎌倉沢沿いに雪を踏みしめながら登っていきます。
鎌倉沢はトヨ・ナメが連続する沢で、途中には「方円の滝」が行く手を遮っていますが、右岸を高巻きできるので心配は無用。

尾根コースに入り沢から離れると、九十九折りの急登になりますが1時間弱で展望に恵まれた南天山の山頂に到着しました。
山頂からは昨日登った赤岩岳と赤岩尾根、そして両神山方面を望むことができました。

そして左に目を向ければ天丸山・帳付山・大ナゲシ方面の展望も!

山頂で記念撮影をして、早々に林道まで下山。
12時には秩父駅で解散して吉井~佐久~長野を通り白馬へ帰りました。

そんな訳でお疲れ様でした!

ガイド業務「赤岩尾根縦走」(2)

朝7時に中津屋さんを出発。
宿のご主人のご好意に甘えて、車2台で出発して1台は落合橋にデポすることが出来た。
これで帰りは楽ですね。
で・・・。
日窒鉱山の宿舎より赤岩峠の道に入り、西上州らしい峠道を赤岩峠まで登ります。
(登り:1時間10分)
さらに峠からは稜線上の踏跡を進み、岩稜に突き当たったら基部を左へ回りこみ北稜に伸びるガレたルンゼに入ります。
ここはテープなどもありますが、踏跡がかなり交錯しているので注意が必要。
ルンゼを登り切り、北稜に抜ければ易しい岩稜を越えて泥壁を登れば赤岩岳の山頂!

ここは立ち木が多くて眺望には恵まれませんが、秩父槍を始めとする南面の山々を望むことができます。
さて・・・山頂からはバリエーションルートの領域。
細かな踏跡を辿り多くの岩峰を越えて行くのですが、以前よりはテープの数も増えて難易度は下がったかな。
それでも間違いテープも多いので注意が必要です。

クライアントをガイディングショートロープで確保しながら行くと、本日の核心部となるP4の岩場に出ます。

まずは基部を右へ回り込み、ルンゼ状の岩場からフェースを直上して行きます。

最上部より右へトラバースして大きな立ち木で終了。
この間2ピッチで高度感もあるクライミング!
なお、残置ロープは2本ありますが信用は出来ないので自力で登った方がいいかも。
あとはP1~3の岩峰を越えると八丁峠で縦走終了!

落合橋へ下り、3時前には中津屋さんへ戻りました。
冬にも登れるバリエーションルート。
非常に楽しい1日でした。

ガイド業務「赤岩尾根縦走」(1)

前夜に白馬を出発して松本~甲府と下道をひた走り、塩山から雁坂トンネルを越えて秩父駅でお客様と合流。
お天気は上々だけど、ちょっと寒そうですね。
そんな訳で午後3時には民宿中津屋さんに到着し、まったりのんびりと過ごしました。
で・・・宿はロープレスキュー協会の堤氏と同宿。
山の話で盛り上がりつつ、日付が変わる頃まで楽しく過ごさせて頂きました。

予定とか話題とか

明日から
明日から年末まで、スキーのお仕事と山のお仕事で予定がびっちり。
27日まで殆ど家にいない状態となります。
しかし、こんなに忙しい年末は久し振りだな。
休養たっぷりなので、年末まで頑張ろう。
ところでこのブログ。
更新はしたいけど、携帯から書き込むのは面倒だしなあ・・・
暫くお休みになるかもです。

映画「銀色のシーズン」
白馬を舞台に「海猿」の監督がスキー映画を撮るらしいです。
これを起爆剤にして、少しでも白馬が盛り上がるといいのですが「地元」が脱力感に溢れているので・・・どうなる事やら。
で・・・八方尾根スキースクールにも全面的な協力依頼が来ていて、多少はお手伝いする事になると思いますけどねえ。
滞りなく撮影が進むといいけどね。

スクール研修会

八方尾根スキースクール研修会
八方尾根スキー場のオープンに合わせて研修会が行われました。
いや~雪が降っていて視界も悪くてさ。
一応ゲレンデでは初滑りなので、ポジションを確認しながらスピードを殺して滑る事に専念しました。
ゲレンデの状況は・・・あまり良くないかも。
それでも滑れる距離は長いので、不整地でも気にならない人にはいいかもね。
しかし、このウェアーを着て滑るのは緊張するなあ。

絶対ミスできないよね。

大好物を頂いた!

今日も雪&ワックスがけ
激しくはないですが、ここ2~3日ずっと降ってます。
八方のスキー場も非公認ながらオープンしたそうですが・・・滑走は自己責任で。
そんな訳でそろそろワックスでもと思い、滑走面をクリーニングしてからアイロンを当てていきます。

この時期はワックスの選択が難しいんだけど、レッスンで使う板なので何でもいいかな。
とりあえずこんな感じです。

蝦蛄を頂く
スキースクールの校長宅へ年末のご挨拶。
その時に知多半島産の蝦蛄を頂いたので、家に帰ってから早速調理です。

蝦蛄と言えば・・・香港に住んでいた時によく食べた「椒鹽瀬尿蝦」
※蝦蛄のガーリック揚炒め
味の記憶を辿りつつ完成したのがこれ。

いや~上手くいきましたね。
美味しいです。
手をベトベトにしながら美味しく頂きました。

いい降りです

いい感じで降ってます
夕方から激しく雪が降ってます。
予報だと30~40cm程の降雪とのこと。
これでスキー場もオープンにこぎ着けるかな。
因みに下の画像は、私の部屋から見た八方尾根スキー場の国際ゲレンデです。

実は目の前だったりします(笑)
ちょうど昼頃に撮った写真なので、今はかなり白くなっていると思われますよ

暇にまかせてケーキ作り

暇に任せてチーズケーキ作り
数日前から突然「ケーキ作りたい症候群」に陥ってしまい、ついに暇に任せて作ってみました。
もともと料理とかは嫌いじゃないので・・・ね。
(購入したもの)
●ビスケット(ケロッグ・オールブラン・メープル&ハニー)
●無塩バター
●クリームチーズ(フィラデルフィア)
●ヨーグルト(明治ブルガリアヨーグルト・プレーン)
●生クリーム(十勝フレッシュ100)
●ゼラチン
●バニラエッセンス
●ケーキ用砂糖
まずは購入したビスケットを細かく砕くのだが、我が家にはクラッシャーが無いので手作業で気長に。
今思えば、この作業が一番大変だったかも。

次に無塩バターをレンジで溶かして、この砕いたビスケットを練り上げます。
で・・・出来上がった物を型に伸ばして生地は終了。

次はレアチーズを作るのですが、クリームチーズを軽くレンジで温めたにも関わらず柔らかくならず大変(汗)
シャカシャカと必死にホイップして、やっとこさ砂糖を投入。

そこにバニラエッセンス・ヨーグルト・生クリームの順番で投入し、最後にゼラチンを溶かした物を入れる。

そうそう・・・濾し網を使わないと「ダマ」になってしまうので、ここは横着せずに地道に作業を行います。

そして・・・冷蔵庫に入れて待つこと3時間。
それらしき物が出来上がったようです。

試食・・・・なかなか美味いんじゃないの?
ちょっと柔らかめだけど、初めてにしては上出来だと思われます。
次はレモンやらを入れて「バリエーション・バージョン」を作ってみようかな。

古書が届く
オークションで落札した古書が届いた。

氷河と萬年雪の山(梓書房:昭和7年初版)
復刻版じゃないですよ。

いや~函は無いけど手に入れました。
これも長い間欲しかったものなので、ちょっと嬉しいかもです。

Post Popularity Graphing by Knowledge Ring
ツールバーへスキップ