Monthly Archives: 11月 2006

You are browsing the site archives by month.

奇妙な魚

ゲンゲ?????
昨日・・・立山から下ってきてお寿司を食べた後に、いつも通り「特選ます寿司」を買いに市場へ行った時の出来事。
今の時期となっては、そう珍しくない「ゲンゲ」が鮮魚で売っていたのだ。
コイツは水深300~1,000m位の所に住む深海魚。
今までは「下魚」として見向きもされなかった魚なのだが、干物を軽く焙ると絶品だし我が家では密かなマイブームになっているのである。
しかし・・・今回は鮮魚である。
そのグロテスクな姿は見慣れていたのだが、何気なく市場のオジサンに聞くと「刺身も旨いんだよ」と!!!???
あれを刺身で???!!!
勢いに任せて10匹購入(笑)
まあ1匹100円なんだけどね。
で・・・家に持ち帰って早速調理するのだが、そのグロテスクな風袋とヌルヌル感に圧倒されてしまったのだよ。

とりあえずゼラチン質を取り除いた身は刺身にして、皮は味噌汁に投入。
皮とゼラチン質を残した身は天麩羅にしてみた。
「パクッ」
むむむ・・・これは旨いかも。
特に天麩羅は絶品だぞ。
食感は・・・魚じゃないな。
餅とか水菓子の類かも。
しかし新しい発見があった晩の食卓でした。

暫くオフになります
今日から来月の12日までお休みを頂きます。
冬に向けての充電期間です。
まあ・・・いつも充電している様なものなんだけど(汗)

ヤフオクで臨時収入
2つの物品を出品したのですが、その合計落札金額は65,000円(笑)
わ~い。
ちょっと嬉しいかも。
でもね・・・すぐに消えてしまう運命なんだよねえ。

ガイド業務「立山BCスキー」(3)

結局3日間ともいい天気に恵まれた立山。

いよいよ今日が最終日なのですが・・・雷鳥荘を出発した後は室堂の周辺で1本滑っただけで終了です(汗)

その後は速攻でバスに乗り込み、富山市内のお寿司屋さんに直行(笑)
美味しくお昼を頂き、午後3時前には白馬へ到着!
参加された皆様、大変お疲れ様でした。

今年の立山は積雪量が豊富。
ただし雪質が良かったのは18~19日あたりで、その後は降雨の影響で硬く締まった雪になっています。
午後になると雪も緩んでいい感じになるんだけどねえ。

ガイド業務「立山BCスキー」(2)

今日も立山はいい天気。
しかし気温が若干低かったので・・・雪質がちょっと心配です。
で・・・思案して決めたドロップポイントは真砂岳と富士ノ折立の間にあるルンゼ。
当然の如く、まともな人の行く所では無いのですが(笑)
そんな訳で真砂尾根をせっせとシールで登っていきます。

途中から斜度がキツクなるので、そこはツボ足でサクサクと。
今回のクライアントさんはレベルが高いので、心配は無用だし気も楽ですね。

ドロップポイントからは一気に滑り下りて、あっと言う間にボトムへ到着。
※滑りの写真は場所が場所だけに公表できません(汗)

因みに画像中央左側の狭いルンゼを下ってきました。
ここまで来ればもうお腹いっぱい(笑)
速攻で雷鳥荘へ帰り、温泉に入ってから生ビール!

至福のひと時ですね。
これがあるから止められません。

ガイド業務「立山BCスキー」(1)

白馬を朝の4時半に出発。
道中は雨がパラパラと降っていて、どうやら山も雪かな?
今日は行動しなくても明日はパウダーかな??
と思っていたのですが・・・。

立山駅から高原バスに乗り、弘法辺りまで登ってみると雲の上に出て「山」はピーカンの晴天でした(汗)
そんな訳で雷鳥荘に到着後、シールを付けて奥大日岳方面へ。

室堂乗越に出てからは稜線を歩き、2つ目のピークよりいい感じの斜面にドロップイン!

我先にワラワラと滑り出していますね~。
雪は水が流れた縦溝があるものの、南斜面を選んだので適度に緩んで気持ちいい!
お陰さまでボトムから再度登り返して、この斜面は2回滑る事に。
で・・・いつも通りのお約束で、ちょっとしたアドベンチャーも(笑)

初日はまずまずの雪質に恵まれて、楽しく滑ることができました!
しかし、今年はホントに雪が多い。
ストレスなく滑れるのって・・・久しぶりですね。

雪囲い

冬の準備・・・雪囲い
今日は嫁さんの実家をお手伝い。
雪国独特の作業なんですが、雪囲いと言います。

冬の間に雪で植木や樹木が潰れないように、支え棒を地面に据え付けて荒縄で縛っていきます。
これは紫陽花なんですが、幾つかの株を束にしてまとめて支えにしています。
あ~荒縄の塵が服の間に入ってチクチクするなあ。

懐かしい写真(その2)
これはにゃんたが家に来た直後の写真です。

ちょうど6年位前かな。
小さかったなあ・・・
可愛かったなあ・・・
まあ、いまでも十分いい奴なんだけどね。

写真の整理で懐かしむ

懐かしい写真が
写真の整理をしていたら・・・まあ沢山あるのですが、その中でも懐かしい写真が出てきましたので紹介してみましょう。
※スキャナーで取り込みました。

これは涸沢ヒュッテで働いていた時のボッカ姿。
ヘリコプターが飛ばない時などは稀にボッカをしていました。
これで一体何キロあるんだろうか・・・今では背負えないだろうなあ。
次は初めて海外登山に行った時のひとコマ。

たぶんヨーロッパだと思うのですが・・・思い出せないんですよ(汗)
恐らくアラリンホルンか、その周辺だと思うのですが・・・
しかし若いなあ(笑)

今更だけど便利
最近はちょっとバタバタしてて外出する事が多いのですが、外で携帯の電池が切れた場合って困りますよね。
で・・・セブンイレブンで買ったのがこれ。

今話題のオキシライドを使用していて、しかも交換も可能な充電器券電源装置。
価格は980円と微妙な線だけど、何かの時には役に立つね。

ぐるっとドライブ

1周ドライブ
昨日からオカンが来ていまして・・・今日は天気も良いのでお出掛け。
因みにオトンは1ヶ月ほど前に脳梗塞で入院した影響もありドクターストップ。
ここには来ていません。
(後遺症もなく元気になったそうですが)
そんな訳で9時前に白馬を出発して国道148号線を北上。
糸魚川で日本海に出てから国道8号線を新潟方面へ向かい、魚市場がある能生町で夕飯のための鮮魚を購入。
(クロソイ・アオリイカ・ウマヅラ・マアジ)
そこからさらに国道8号線を北上し、名立谷浜で昼食(海鮮丼)を頂く。
上越(直江津)までは国道をひた走り、ここからは国道18号線を南下して妙高高原町に出た所で・・・長野経由だと遠いなと思案。
雪があって閉鎖されているかもと思いつつ、ここからは乙見峠林道を小谷村へ抜けてみようと試みる。
・・・笹ヶ峰辺りまでは何ともなかったけど、乙見山峠に近付くにつれて積雪が倍増(笑)
すでにバンパーで雪を押している状態に(汗)
途中で戻ろうかとも思いましたが、それでも何とか峠のトンネルに到着して一安心。

長野県側はと言うと・・・結構積もってるなあ。
まあ下りなので、強引にでも行けるけどね。

そんなこんなで無事に小谷温泉へ下り、午後4時過ぎに白馬へ帰りました。

買ったお魚はどうなったかと言うと・・・。
クロソイとアオリイカは素直にお刺身に。
マアジはお刺身とナメロウ(アジを叩いてミソとネギ・大葉と合わせた料理)に。
そして激旨の逸品はウマヅラ。
三枚に下ろして肝を取り出したら、その肝を醤油と和えて身を刺身で頂く。
う~ん!!
旨い!

今年はいい予感!

立山の状況
ライブカメラの映像を見ると・・・おおっ!!!
これは良いんじゃないですか?

今年は粉塗れになれそうな予感がしますねえ。
積雪は2m前後で極上の雪質と思われます。
ここ数年は雪が無かったり、昨年の様に雪はそこそこあるんだけど天気が悪かったりだったので・・・今年は初日から思いっきり楽しんじゃおう。

12月の予定
ポツポツと決まってきたのですが・・・12日~22日まで不在になります。
スキー関係の仕事と山のガイドで出ずっぱりです。
年末も忙しくなりそうなので、今のうちに休んでおきましょう。

レスキュー用具のアドバイス
九州のあるメーカーから「搬送具」についてアドバイスを求められました。

もともと身障者の登山用に使われている物ですが、改良を施して山岳救助にも使えるようにしたいとの事です。
12月中旬にサンプルが送られてくるみたいなので、いろいろと提案していきたいと思っています。

今日も忙しい

朝起きてみると
車の上には10cmほどの積雪がありました。
立山は依然として雪が降っているようですね。
もういいかな。
あとは当日のお天気だけだね。

所用で長野へ
メーカーの絡みで某スポーツ店へ。
その後、古本屋さんを発見するも触手は動かず。

ちょっとバタバタしているので、今日はこの辺で。

いろいろバタバタ

今日は細かい用事が・・・
朝から電話連絡やメールの確認&返信などでバタバタしつつ、午後には外回りと銀行での入金作業で1日が終わってしまいました。
15日は清算関係などがあって大変なのです。
で・・・夕方になり時間が出来たので散髪してすっきり。
今まで目に髪が当たっていて嫌だったんだよね。

立山は今日も雪
これで今年は最高の状態になりましたね。
室堂で積雪2m。
ここ10年来で一番良いコンディションになったと思われます。
まだまだ2~3日は降るみたいだし、今年は初日から滑るよ~。

用具のチェックなど
ビーコンやクライミングスキン等の用具をチェック。

山に入ってから何かあっても遅いからね。
スキーにワックスもかけないとなあ・・・・。
明日から19日まで出たり入ったりなんだけど、出発前にはやる事にしよう。

Post Popularity Graphing by Knowledge Ring
ツールバーへスキップ