Monthly Archives: 3月 2006

You are browsing the site archives by month.

道具の整理

今日の白馬は降り続いた雪も午後には止んで、久し振りの青空が広がりました。
それでも外出する気にはなれなかったので、部屋の道具を少し整理してみたのですが・・・多すぎる。

この画像以外にも登山とスキーの道具がいっぱいで、一見するとショップの様にも見えますが、ここは間違いなく自分の仕事部屋なんです(笑)

暖かい所が好きな〝王子様〟はご愛嬌で

6ヶ月点検で

今日の白馬は朝から雪。
そんなに寒くないんだけど、結構いい降りですね。
さて・・・我が家は昨年の9月に家を新築したのですが、今日はその6ヶ月点検の日だったのです。
ログハウスなのでログ材が収縮する「セトリング」という現象に対応したボルト締めや、各部の点検などで2時間ほどの時間を要しました。
最終的な判断として、特に異常は見られず一安心。

で・・・点検中にちょっとした事件が。
点検の担当者さんが床下点検用の蓋を開けたところ、我が家の愛猫(にゃんた)がダッシュで床下へ(笑)

初めて潜り込む所だったので相当嬉しかったらしく、名前を呼んでもなかなか出て来ない始末。
そこで奥の手。
うちの奴には普段からドライフードを食事に与えているのですが、ホントにたまに缶の高級品をサービスであげています。
(月に1回も無いくらい)
なので、缶を開ける「パカッ」という音には非常に敏感(笑)
そんな訳で、缶のプルタブを触って音を出したら「猫まっしぐら」状態に(笑)
あっけなく捕獲され、おまけに缶の食事は与えられず・・・。
暫くフテ寝してましたとさ

大雪の恐れ

今日から雪が続くみたいで、朝から雪が降り続いています。
まるで厳冬期の様な感じ。
もう3月も終わりなのに~。
そんな訳で今日は外へも出ずに〝ボケッ〟と過ごしています。
この時期はそろそろ趣味である〝海釣り〟へ気が向くのだが。
こりゃ、暫くはダメそう。
ホタルイカも取りに行かなきゃなあ。
来月の6日頃が良さそうなんだけど・・・。

ガイド業務「大渚山BCスキー」

常連のお客様4名と大渚山周辺へ行ってきました。

前日に雨が降ったので雪のコンディションは最悪(泣)
弱層テスト(ルッチブロック)でもあっさりと崩れる状態だったので、山頂からの滑走は断念となりました。
それでも春の陽気の中、シールを滑らせて歩くのは気持ち良かったです。
肝心の滑りは・・・
膝までザグザグのザラメ雪。
曲がらない・止まらない状態で、これまた泣けてきました。

ガイド業務「雪倉岳BCスキー」(3)

さてさて・・・いよいよ最終日。

お天気がちょっと下り坂傾向で心配ですが、今日も張り切っていきます。
まずは一昨日滑った振子沢を登り返し、途中からフスブリ尾根に上がっていきますが・・・強風(涙)

裏天狗から親沢上部~ヒヨドリ尾根という予定だったのですが、ここはあっさりと断念してそのまま栂池スキー場へ下りました。
で・・・
お昼過ぎには到着したので、ここはお決まりの「まほろば」さんでステーキ丼&焼きプリンで締め。

もちろん生ビールも確実に摂取しつつ、今回のツアーは終了しました。
参加された皆様、大変お疲れ様でした。

ガイド業務「雪倉岳BCスキー」(2)

今日は待望の雪倉岳へ。

今日も申し分ない上々の天気で、まずは瀬戸川合流点まで延々とシールを付けてトラバース。



さらに山頂までは沢沿いに約5時間の長い道のりですが、せっせと登り午後12時半には雪倉岳に到着!

山頂からは剣岳・立山・遠くは月山まで見えて最高でした。
で・・・いよいよ滑走ですが。
パウダー最高!
いや~この時期にこれだけの雪に巡り合えるとは思ってもいなかったので涙ものでしたね。


さすがに下部はクラストしていて苦労しましたが、上部の事を考えれば問題にならない(笑)
とにかく最高の1日となりました。
恐らく、生涯の中でも最高の1本になったと思うな。

ガイド業務「雪倉岳BCスキー」(1)

毎年恒例の蓮華温泉&雪倉岳ツアー。
今回は総勢11名で行ってきました。
昨年は悪天候のため、入山すら出来ず白馬村内の食い倒れツアーとなってしまったので今年は何とかと思っていたのですが・・・。
いや~絶好調の天気!
栂池からのヘリも無事にフライトして天狗原に到着。

それに昨日降った雪がそのまま美味しいパウダーとなっており、振子沢の上部はもうご機嫌状態。


この日は早々に蓮華温泉へ到着し、ツアー初日を祝してビールで乾杯となりました。

シールの金具をいじる

まずまずの天気だった白馬。
今日は昨日加工したテールフィックスの仕上がりがいまひとつだった為、再度装着仕直しました。
そうは言っても大した加工ではなく、ものの20分ほどで終了。
これで完璧になったはずです。
因みにこの板はマスラオの〝心身〟(スイスのメーカーです)と言い、恐らく日本に1台の代物。
昨年、個人輸入で苦労して手に入れた板です。

セミファットと言えばいいのかな・・・この板は。
センター幅は86mmで半径回転(ラディウス)は24m。
長さは174cm。
平板特有の硬さと張りがお気に入りなのです。
そして金具はジルブレッタのピュア。
個性的なコスメなので、結構視線を感じるのだ。

嫁のシール購入

今日の白馬は午後から雪。
そんな中、嫁さんがバックカントリー用の板を買い換えたために必要になったクライミングスキン(シール)を購入。

ブラックダイヤモンドのグライドライトナイロンSTSだ。
板のセンターは85mmなんだけど、トップ幅は125mmあるので110mm幅のシールを選択。
これで今週末の蓮華&雪倉は大丈夫ですね。
あっ・・・因みに嫁さんも山岳ガイドなんです(笑)
しかも元SAJのデモンストレーターだったりする訳で、スキーは滅茶苦茶上手いです。
ついでに自分のG3のシールに不具合があった(テール部がすぐ剥がれてしまう)ので、テールフィックスの金具を貰って装着しました。これでこちらも一安心。

そうそう・・・
ワールドクラシックベースボール。
日本おめでとう!
しかしイチローは凄いな

ガイド業務「乗鞍BCスキー講習」(2)

今日は朝から少々怪しい天気。
頂上アタックは無理だろうと判断し、昨日に引き続き実践的な講習を行う。
まずは・・・スキー場上部より森林限界付近までシールで登高します。
でもね・・・普通の登路じゃつまらないので、昨日の読図技術を駆使して別ルートから登ります。

で・・・休憩もしっかりシェルターを掘って。

帰りにはお決まりのルッチブロックテストを行い、弱層の発見とその形成原因をレクチャー。

そんな訳で、午後には宿へ戻りビールで乾杯。

ご参加の皆様、またご一緒致しましょう!

Post Popularity Graphing by Knowledge Ring
ツールバーへスキップ